隣人の騒音トラブル、どうすればよい?

隣人の騒音トラブル、どうすればよい?

難しい問題

騒音というのは人によって感じ方の異なるものであり、生活内でのトラブルの中でもとても難しい問題です。
自分や他の住民は気にならなくても、1人だけ音に神経質で騒音と感じる住人がいて、自分の出した生活音が原因でトラブルになることもあります。
逆に、住民の生活音に対して自分だけが騒音と感じてしまうこともあります。

同じ建物内だけでなく、近隣の住宅の生活音でのトラブルが起こることもあります。
また、普段は気にならない音でも精神的な状態によっては騒音と感じてイライラとしてしまうこともあります。

以前までは、相手の騒音が気になる場合には直接相手に伝えることができました。
しかし、最近では逆恨みや事件に発展することが不安で言えないという人も多くいます。

私たちは物件を探すときに、様々なトラブルを回避するために、可能な限り様々なところをチェックするものです。
最近では隣人とのトラブルであったり欠陥物件でのトラブルもあるため、念入りに確認をする人が増えています。
しかし、騒音トラブルは入居してみないとわからないことも多くあり、入居前にトラブルを回避するのが難しいものです。

騒音トラブルの解決方法

まずは、トラブルを回避するために自分自身の生活音に気をつけることが大切です。
集合住宅というのはトラブルが起きやすいものです。
夜間や早朝の洗濯機やや掃除機の音は階下に響きますし、テレビやスピーカーの音量は気をつけてこまめに調整をすることが望ましいです。

また、自分が騒音を感じる場合には、直接相手には伝えずまずは管理会社や大家にその旨を伝えます。
こうすることで、トラブル回避になるだけでなく、自分だけが感じているのか近隣住民が感じているのかを判断できますし、自分が認識している部屋と騒音元が違っていたというようなトラブルが回避できます。

管理会社や大家が繰り返し注意しても状況が改善しなければ、賃貸借契約違反ということになります。
賃貸借契約違反となれば、契約を解除して退去させることができます。
これは、個人でのやり取りではできないことですから、やはり管理会社や大家に相談をすることが解決には必要不可欠と言えます。